炭酸ガス

炭酸ガスは水に溶け込みやすい気体で、皮膚や粘膜からカラダに入り込むことができる数少ない物質です。炭酸ミストは水分中に炭酸が溶け込んだ「溶解(ようかい)」した状態です。炭酸ガスは水に溶かす方が炭酸の密度を高くすることが可能で炭酸ガスの効果をより効率的に得るのに炭酸ミストは適してます。溶解炭酸ミストは溶かす液体の温度が低いほど高濃度が維持でき、水に溶けると、皮膚や胃腸の粘膜から浸透する性質がります。分子自体がとても小さいので、皮膚や胃腸の粘膜から直接浸透することができます。肌への負担が少なく、乱れたpHを整え、抗菌作用・血行促進作用があります。

炭酸ガスの安全性です。人間は呼吸をすることで酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐いているのですが、炭酸は人間のカラダの中に本来あるものです。皮膚から吸収された炭酸ガスは、血液に溶け込んで肺や腎臓などから排出されます。溶解炭酸ミストによる炭酸ガスの吸収量は、安静時の代謝で出る4分の1程度の量なので、カラダにとっての悪影響はありません。

溶解炭酸ミスト効果

その秘密は炭酸ガスが(マイナスイオン)と肌の表面のプラスイオンが引き合って肌の奥深く、毛細血管まで浸透します。炭酸ガスにより拡張された血管は血流が良くなり血中から追い出された肌細胞が吸収することにより新陳代謝が活性化し老廃物や色素を排します。
♦浸透作用
炭酸は、非常に小さな分子のため、効率よく皮膚内部へ浸透し毛細血管に入り込むことができます。有効成分をより直接患部に届けることができこれが、経皮吸収システムです。
♦血管拡張作用
皮膚から吸収された炭酸は、周辺の毛細血管を拡張し血流量が増えます。皮膚の細胞が酸素を十分に受け取ることが出来るので、新陳代謝が活発になり、肌もすべすべになります。
♦酸素供給作用(ボーア効果)
炭酸が体の中に入ってくると、酸素不足をしていると体が感じ、体の中から酸素を供給してくれる作用。末梢組織への酸素供給が増加します。これをボーア効果と呼びます。

期待できる効果-こんなお悩みの方

★頭痛
頭痛の原因には首こり、肩こり、首の骨のズレ、血行不良、自律神経の乱れ、姿勢不良など、人によって違ってきますが、大きな筋肉内の血液の流れが悪くなり、それが周囲の神経を刺激して、締めつけられるような痛みとなる頭痛が最も多いようです。
★肩こり

肩こりの原因の大半は、筋肉の緊張や疲労により血液循環が悪くなっている事です。溶解炭酸ミストを吹きかけると血行が促進され、体が温まり、筋肉がゆるみます。
★関節痛
溶解炭酸ミストを吹きかけると筋肉がゆるまります。関節痛の場合、関節周囲の筋肉が緩み関節の負担が減り、劇的に痛みが軽減します。肩関節周囲炎や変形性関節症(肘・肩・手首・膝・股・足首)に効果的です。
★腰痛
腰周りの筋肉が緊張して硬くなるタイプの腰痛に対して、炭酸ミスト筋肉の緊張がゆるみ、腰周りの血流が改善し症状が落ち着きます。腰痛の場合、腹部の緊張も見られますが、溶解炭酸ミストで同様に症状が軽減します。
★冷え
血行が滞ると体の余分な水分や老廃物が溜まり、体の冷えを招きます。冷えが進むと「免疫力が下がり」「自律神経が乱れ」ます。体温が35度代の人はガンになりやすいので要注意です。溶解炭酸ミストで血行を促進し、体温を上げましょう。
★足のむくみ
溶解炭酸ミストを膝の裏や足首にかけると、滞っている血液やリンパ液が抹消から中枢に流れます。余分な水分・老廃物・血液の滞りを改善します。足の疲れにも効果的です。頭もスッキリしますよ。