fbpx

柔軟な体は健康の基本!ストレッチで健康と美容も手に入れよう②

JR池袋駅南口、徒歩5分のストレッチ専門店のボディメンテ池袋です。当店独自の炭酸ストレッチは、マッサージでは届かない深い部分にある筋肉に直接アプローチする事が可能です。溶解炭酸ミストで血行が促進、体が温まり、筋肉がゆるみ深い筋肉に直接働きかけることができます。筋肉が硬くなると健康、運動パフォーマンス、美容に悪影響を及ぼいします。炭酸ストレッチは可動域の向上、筋肉の緊張・筋膜の癒着を改善し、関節可動域の向上、痛みの改善や怪我予防、軽い運動効果をもたらします。健康な身体で毎日を楽しみましょう!

具体的なストレッチの方法についてです、実際にどのようにストレッチをすればよいのか、おさらいの意味を含め説明していきます。
①身体を温めて行う
身体は、冷えているよりも温かい時のほうが、より柔軟性が増します。夏よりも冬のほうが身体がカチコチに感じるのは実際に硬さ柔らかさが違うからなのです。ストレッチは、温まっている時にゆっくりと丁寧に行うのが効果的です。逆に、冷えている時は普段よりも硬くなってしまっている場合がありますので、無理やりしてはいけません。おすすめの時間帯は身体が温まっているお風呂上りです。ただ、朝ゆっくりストレッチをすることも身体を温めて目覚めさせてくれます。また、その日の代謝も挙げてくれますので、無理のない範囲で正しく行うなら朝も適した時間だと言えます。

②力ずくでやるものではない
ストレッチと聞くと、とにかく伸ばせばいいのかと思って強く力をかけてしまうことがありますが、これはあまり良い方法ではありません。伸ばしたい部分はただでさえ硬いので、無理に力を入れると痛めてしまいます。また、正しい向きに重さをかけなければ伸ばしたい箇所はこわばるだけでほぐれづらいので、向きと力加減も重要なポイントです。多くの場合、自重(自分の身体の重さ)だけで伸びますので、力を込めなくてもいい場合がほとんどです。

フォームも意識してみる
ストレッチにおいて、重要なのはフォームともいえます。伸ばしたい部分に効くフォームを守ってストレッチをしなければ、余計な負荷が全く意図していない部分にかかってしまって傷める原因にもなりかねます。自分がストレッチしているのはどこか、またそこにアプローチできているフォームかを常に意識すると効果的です。

JR池袋駅南口、徒歩5分のストレッチ専門店のボディメンテ池袋で疲れた身体をリセットしましょう。痛くなる前に、身体のコンディションを整え人生100年時代、活き活きと健康な身体で毎日を楽しみましょう!

関連記事

  1. ゴルフスイングを覚えるコツ

  2. 将来の自分のために

  3. 肩を回すとゴリゴリ音がする?

  4. 疲労回復ストレッチ

  5. ストレッチの効果

  6. マグネシウムローション